観光

住吉大社を観光 初辰まいり、五大力さん、おもかる石などパワースポット巡り

投稿日:2018年12月14日 更新日:

先日、大阪の住吉大社に行ってきました。

きっかけは、たまたま友人と食事をしていたときに、パワースポットの話題になり、住吉大社は有名だと言う話になりました。

 

わざわざ、ご利益を求めて大阪のみならず全国からたくさんの方が参拝に訪れるとのこと。

 

今まで、住吉大社は初詣で何度か訪れたことはあったんですが、人が多くて隅々まで回ることはなかったんで、そんなに有名なパワースポットだということは知りませんでした。

 

近くに住んでいながらそんな有名なパワースポットに行かないのももったいないので、友人と一緒に訪れることに。

 

「初辰まいり」「五大力さんの小石」「おもかる石」などの住吉大社の魅力あるパワースポットを巡ってきたので、記事にしてまとめてみました。

バナーをクリックして頂くと人気ブログランキングのランキングポイントが入ります。
ブログ村に登録のない方でもクリックしていただくことが出来ます(スマホ可)
応援して頂けると嬉しいですwww

人気ブログランキング

「住吉大社」へのアクセス

住吉大社へのアクセスは、電車か車が便利です。

電車でアクセスする方法

電車でアクセスする方法は2種類あって、南海電鉄とチンチン電車。どちらの電車を利用しても駅からすぐの場所に住吉大社があります。

南海鉄道を利用する場合は、「住吉大社駅」が最寄り駅です。

僕の住んでいるところからは、“チンチン電車”こと、路面電車の阪堺電気軌道を利用する方が安いので、チンチン電車で行きました。

チンチン電車の最寄り駅は「住吉鳥居前駅」。

ちなみに阪堺電車は全区間で、大人210円、子供110円です。

車でアクセスする方法

車で住吉大社に訪れても、約400台の無料駐車スペースがありますので、安心です。

大阪市内で無料駐車場があるのはうれしいですねwww

よほど混み合うときでなければ、無料駐車場を利用可能だと思います。


駐車場入出庫時間
○北駐車場/入庫:午前7時から 出庫:吉祥殿終了時間(18:00)まで
○南駐車場/入庫:午前7時から 出庫:午後10時まで

太鼓橋(たいこばし)

電車を降りて、大きな石の鳥居をくぐり、まっすぐ進むと、色鮮やかな赤い太鼓橋(たいこばし)が現れます。

遠目で見るとそうでもないですが、実際の太鼓橋は結構急です。

こんな感じ。

太鼓橋は正しくは「反橋」(そりばし)と呼ばれ、これは“虹”をイメージしたもので、太鼓橋を支えている石の橋脚は、豊臣秀吉の側室・茶々(後の淀殿)が奉納したとも言われているようです。

太鼓橋は、横から見ても情緒があります^^


NHKの連続TV小説『マッサン』にも出てきましたね。

御本殿

太鼓橋を渡ると、本殿正面に設けられた鳥居が見えてきます。鳥居の柱は円柱が一般的ですが、この鳥居は四角柱。

角鳥居(かくとりい)と呼ばれることもあるようですが、四角柱の鳥居は古い形式で全国でも珍しいみたいですよ。

その先に本殿があるんですが、正面に「第三本宮」があり、この真後ろに「第一本宮」「第二本宮」が縦一列に並んでいます。「第三本宮」の向かって右側にあるのが「第四本宮」。本殿がこのように配置されているのも全国的に極めて珍しく、4棟の本宮は、いずれも国宝に指定されています。

この祭神は第一本宮が「底筒男命(そこつつのおのみこと)」、第二本宮が「中筒男命(なかつつのおのみこと)」、第三本宮が「表筒男命(うはつつのおのみこと)」、第四本宮が「神功皇后(じんぐうこうごう)」の四柱。


「日本書紀」や「古事記」の神代の巻での言い伝えでは、男神の伊邪那岐命 (いざなぎのみこと) は亡くなった妻伊邪那美命 (いざなみのみこと)を連れ戻そうと、黄泉の国へと向かいますが、逃げ帰り、身を清めるために海に入って禊祓いを行いました。

その時に誕生したのが、この3つの神さま。「住吉大社」は、“海の神”として信仰され、航海安全や農耕の神として崇められてきました。

こちらは「第一本宮」

「第二本宮」

「第三本宮」


「第四本宮」


「待者社」(おもとしゃ)

本殿を回っているときに、ちょうど「第四本宮」の横手にある「待者社」(おもとしゃ)にも立ち寄ってみました。

「待者社」(おもとしゃ)は、良縁&縁結びのパワースポットとして有名で、初代の神主と、その姫神を祀っています。

良縁をお願いする時は、授与所でお人形をうけてその背中に、お名前やお願いを書き込み、奉納してお祈りします。

夫婦円満であれば、裸雛を奉納します。


他にも、色々なお願いごとが書かれた絵馬もありました。

『五大力さん』

「待者社」に立ち寄った後、第一本宮まで行くと、南側に杉の木が石の玉垣に囲まれた「五所御前(ごしょごぜん)」という場所があります。

ココが有名な『五大力さん』のパワースポット。

案内の看板もしっかり出ているので、迷いません。

この場所にある杉には言い伝えがあるらしく、神功皇后(じんぐうこうごう)が住吉大社の神様を祀る地を探しているとき白鷺(しらさぎ)が3羽とまったそうです。

そういったことから、御祭神の住吉大神が降臨した地とされ、現在でも住吉大社の聖地として崇められています。

石の集め方は簡単。

五所御前の杉の根元に敷き詰められている玉砂利から「五」「大」「力」と書かれた3つの小石を探します。

玉垣には、色々な大きさの「五」「大」「力」と書かれた石があるので、直感で選びましょう。

僕はこの3つを選びました。

この「五大力さん」とは、仏教でいう五人の明王のこと。不動ふどう明王(中心)
大威徳だいいとく明王(西)
軍荼利ぐんだり明王(南)
降三世ごうざんぜ明王(東)
金剛夜叉こんごうやしゃ明王(北)
と、不動明王を中心に、守る方角も決まっていて、神仏習合の影響で神宮寺の五大力尊信仰と結びついたそうです。

五大力のお守りは、「体力」・「財力」・「福力」・「智力」・「寿力」の5つの力を授かるようでります。

この「五」「大」「力」と書かれた石を3つそろえてお守り袋に入れておくと、願いが叶うとのこと。

本殿授与所で購入できる専用御守袋(300円)に入れてお守りとして持ち歩くのもいいようです。

ちゃんと案内図も用意されてます。

願いが叶ったらお礼参り

願いが叶ったらお礼参りをしましょう。

具体的には、願いが叶ったら、自分がお守りにしていた3つの石を石垣の中へ元に納め、さらに、自分で探してきた小石にも、同じように「五」・「大」・「力」と書き、同じように石垣の中へと納めます。

専用御守袋も収められていました。たくさんの方の願いがかなっているようですね。

機会があればぜひ行ってみてください!!

「初辰まいり」

「五大力さん」で石を集めた後は、『初辰まいり』を行いました。

もうひとつ有名なパワースポットの「おもかる石」は、この『初辰まいり』の一番最後にお参りする大歳社の境内にあるので、時間がある人は『初辰まいり』⇒「おもかる石」がお勧めですね。

住吉大社には、 種貸社(たねかししゃ)・楠捃社(なんくんしゃ)・浅沢社(あさざわしゃ)・大歳社(おおとししゃ)という末社があり、こちらに、初辰の日にお参りすると、商売繁盛や家内安全の福がいただけるというもの。

地元では、住吉大社では、“はったつさん”と呼ばれるほど人気のパワースポット巡りです。

「種貸社」(たねかししゃ)

1番目にお参りする神社が「種貸社」(たねかししゃ)

種貸社(たねかししゃ)には、「資金調達」「子宝」「知恵」の神様が祀られています。

「種貸」とは古い農耕儀礼で、神様から稲の種を授かって豊作を祈ることに由来。


初辰まいりの日には神様から「お種銭」というお祓いされた硬化が授けられ、それをお守りにしておけば、商売繁盛すると言われています。

また稲には繁殖を助ける精霊が宿っているとされ、子宝の神様としても信仰されています。

一寸法師ゆかりの地

僕も全然知らなかったのですが、住吉大社は一寸法師ゆかりの地らしいです。

物語のはじめに子供のない老夫婦が子宝を恵んでくださるように参拝したのが住吉大社だとか。

種貸社には、お椀の船と、一寸法師の顔出し看板のある写真スポットがあります。

「楠君社」(なんくんしゃ)

2番目にお参りする神社が「楠君社」(なんくんしゃ)。

お祀りされているのは宇迦魂命 (ウカノミタマノ ミコト)。お稲荷様として知られる穀物、商売繁盛の神様ですね。

「初辰まいり」と書かれた赤いのぼりがたくさん立っているですぐわかります。

拝殿前にそびえる樹齢約800年の夫婦楠


偶数月は右手を挙げた商売繁盛の招き猫、奇数月が左手を挙げた家内安全の招き猫を授与されます。

毎月お参りをし、合計48回に達すると満願成就となり48体を納める。→中ぐらいの招き猫1体と交換してもらい、これを中サイズ・大サイズと続けていきます。

同じように続けて大サイズまで到達するまで、最短で12年かかるようでが、御利益が期待できそうですね。

「浅沢社」(あさざわしゃ)

3番目の神にお参りする神社が「浅沢社」(あさざわしゃ)。

女性の守護神として知られ、美容や芸能、愛想や機転が授かるパワースポット。

特に女性の方からの信仰が篤く、住吉参詣の時にはここを訪れる慣わしがあるようです。

「大歳社」(おおとししゃ)

最後にお参りする神社が「大歳社」(おおとししゃ)。


初辰まいり4番参りで、「願いを成就」させてもらえます。

祭神は、大歳神(おおとしのかみ)で、ご利益は、集金満足・心願成就と言われています。


ここには「五大力さん」と並んで有名なパワースポット「おもかる石」があるので、そのまま行ってみました。

「おもかる石」

「おもかる石」は、大歳社の境内のおいとぼし社にあります。

3つの霊石が並んでいて、石を持ち上げる前に願い事をして軽ければ願いが叶い、重ければ成就まで努力が必要と石が占ってくれるとのこと。

おもかる石の占い方は簡単です。

 

    1. 二拝二拍手一拝をします。
    2. 石を持ち上げ重さを覚えます。
    3. 石に手を当て願い事を心の中で祈ります。
    4. 再び石を持ち上げ重さの変化を確かめます。
    5. 最後に二拝二拍手一拝します。


最初持ちあげた時より、軽いと感じたら、その願い事は叶うそうです。

重いと感じたら、まだ努力が必要とのこと。

ちなみに僕は重かったのでまだまだ努力が必要なようですwww

まとめ

願いを占うおもかる石、5つの運力が授けられる五大力、商売繁盛や家内安全の福がいただける初辰まいり、良縁&縁結びの待者社など、大阪で随一と言っても過言ではないほどのパワースポットでした。

大阪に住んでいながら今まで詳しく知りませんでしたwww

僕が行ったときは結構カップルが多くて、おもかる石、五大力さんで盛り上がってましたね。

大阪市内のアクセスが良い場所にありますから、パワースポット巡り、カップルでのデートスポットにもお勧めです。

あと、住吉大社を参拝した後は粉浜商店街をぶらぶらしてみるのもオススメです。

長さ約350mのアーケード街なので雨でもゆっくりお買い物できますし、衣類に雑貨、老舗の豆腐やお肉屋さん、食事処など充実しています。

南海本線「住吉大社駅」の下にもフードコートがあるので、一日のんびり楽しむことができると思います。

住吉大社の情報

【住所】〒558-0045 大阪市住吉区住吉2丁目9-89
【参拝時間】開門時間…午前6時00分(4月~9月)
午前6時30分(10月~3月)※毎月一日と初辰日は午前6時00分開門
閉門時間…外周門 午後4時00分
御垣内 午後5時00分(1年中)
※正月期間・住吉祭(夏祭り)期間は開閉門時間が異なりますので詳細は、お問い合わせ下さい
【問い合わせ先】06-6672-0753

バナーをクリックして頂くとブログ村のランキングポイントが入ります。
ブログ村に登録のない方でもクリックしていただくことが出来ます(携帯可)
応援して頂けると嬉しいですwwwにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ
にほんブログ村

-観光
-

Copyright© パワーライフブログ/aim at the good life , 2018 AllRights Reserved.