健康

爪の横割れ 原因と対策

投稿日:2018年12月5日 更新日:

僕は今アラフォーなのですが、30代を過ぎたあたりから爪の横割れをするようになってきました。20代のときは全然気にならなかったのですが・・・。

ちょっと爪が伸びると2重になって先っぽがはがれてしまう感じになります。

最近こういった体の変化は病気のシグナルではないかと感じるようになったので、少し爪の横割れについて調べてみました。

爪の横割れ 原因

そもそも爪が横割れする原因は大きく4つあるみたいです。

  • 洗剤、除光液などによる刺激、乾燥
  • 偏った食生活
  • 深爪や爪の圧迫
  • 病気の可能性

洗剤、除光液などによる刺激、乾燥

洗剤が爪への刺激となり、爪の表面に細かな割れが生じ手最悪、割れてしまうこともあるようです。

爪マニキュアの除光液も爪への過度の刺激となって、爪の表面の水分が奪われ乾燥し、割れやすくなる原因の1つです。

偏った食生活

偏った食生活も爪割れの原因になります。

爪を作っている栄養素はタンパク質がメインで、他にもケイ素、ビタミンA,B2などがあり、こういった栄養素が不足すると、爪からツヤが失われ、爪割れの原因となるようです。

深爪や爪の圧迫

深爪をしていると、爪の変形を引き起し、さらには爪が割れる原因につながるみたいです。僕も結構深爪しがちなので注意が必要ですね。

病気の可能性

爪割れが病気が原因の場合もあるようです。病気として考えられるのは3つです。

「爪甲縦裂症(そうこうじゅうれつしょう)」

爪の根元に腫瘍などなんらかの疾患があり、表面が薄くはがれてしまったり、縦に割れてしまうようです。

加齢や湿疹、甲状腺機能障害、マニキュア、凍瘡などの影響で起こります。

この場合、爪は縦に割れるようなので、爪の縦割れする場合は病院に行って検査した方がいいかもしれません。

爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)

爪甲が先の方で爪床部から浮き上がり、白く見えるようになる状態で、二枚爪になるようです。

圧倒的に女性に多く、接触皮膚炎(かぶれ)やカビの一種であるカンジダ感染が原因みたいですね。

爪白癬(つめはくせん)

いわゆる爪水虫のことで、爪と皮膚の間に白癬菌が増殖し住みついた状態のようです。

爪の表面が白くなって濁ったり、黄色っぽくなって、最終的に爪が割れたりボロボロ崩れたりするようです。

爪の横割れを調べてみて

僕は一人暮らしではないので結構バランスのいい食生活をしているつもりではありますが、こういった栄養素に注意した食生活の見直しが必要かなと思いました。

あと気になったのが爪甲剥離症。僕の場合も先っぽが白くなって横割れするのでこの病気の可能性もありますね・・・。

 

で最後に爪の横割れの対策について調べてみました。

爪の横割れ 対策

爪の横割れの対策は大きく3つになります。

  • 深爪をしない
  • バランスのよい食事
  • 爪と爪周りの乾燥を防ぐ

一つずつ調べたことをまとめてみました。

深爪をしない

深爪をしてしまうと、爪の周りの皮膚が盛り上がって、爪が皮膚に食い込むように伸びていきます。

ですから爪を切る際は、爪の形を意識しましょう。

バイアスと呼ばれる爪の先端が細い形に爪をカットしてしまうと割れやすくなるので、角を丸くしたスクエアオフと言う形がオススメのようです。

角を角ばらせずに、丸くカットと覚えておきましょう。

あと、深爪をしないようにするには爪やすりを使うのが効果的なようです。

お風呂上がりは爪が柔らかくなっているので、必要以上に刺激を与えず削ることができます。

ヤスリは薄くてよくしなる紙やすりを使うと爪の横割れ防止により効果的で、こまめに手入れすることで爪のダメージを軽減になるそうです。

爪と爪周りの乾燥を防ぐ

爪は皮膚と同じケラチンというたんぱく質で構成されています。

ですので乾燥し過ぎてしまうと、たんぱく質の重合(接着のようなもの)が壊され、割れたりはがれたりしてしまいます。肌荒れ、手荒れ、あかぎれなんかと同じ原理ですね。

こういった爪の乾燥防止には、手荒れを防ぐハンドクリームがお勧めのようです。

爪の表面をクリームの膜で覆うことができるので、乾燥、刺激による爪割れを防止できます。

また、爪専用のネイルオイルもあるので爪割れがひどい場合は、こういった製品もおすすめです。

バランスのよい食事

爪の主成分であるタンパク質、爪の乾燥を防ぐビタミンA、爪の成長を促すビタミンB2、ゼラチンの主成分となるコラーゲンを補強するはたらきがあるケイ素などの栄養素をしっかり取るように意識することが大切です。

  • 植物性タンパク質・・・玄米、白米、大豆、豆腐など
  • 動物性タンパク質・・・魚、肉、乳製品、卵など
  • ケイ素・・・・・・・・小麦、ジャガイモ、トウモロコシ、アスパラガス、など

他にも、爪の主成分であるケラチンの合成には鉄、亜鉛、ビタミンB6が必要ですので、それらを多く含むレバーやカキといった食材も併せて取れればベターです。

 

まとめ

今回爪割れについて調べてみましが、やっぱり爪の不調には何らかの体の不調が関係しているんじゃないかなーと思いましたね。

タンパク質不足は何となく予想がついていたのですが、深爪や爪の乾燥は爪割れにあまり関係がないと思っていたので意外でした。

肌と同じで男性、女性に関係なくしっかりケアすることが大切ですね。 あと、爪の病気の可能性もあるようなので、全然爪割れが改善されない場合は一度病院に行って診てもらおうと思います。

バナーをクリックして頂くとブログ村のランキングポイントが入ります。
ブログ村に登録のない方でもクリックしていただくことが出来ます(携帯可)
応援して頂けると嬉しいですwwwにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ
にほんブログ村

-健康
-

Copyright© パワーライフブログ/aim at the good life , 2018 AllRights Reserved.